トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビその他 保険に関する事項 > 衝突安全対策値引き

衝突安全対策値引き

衝突安全対策値引きの画像

衝突安全BODYは事故の衝撃から車に乗っている人を守る様に設計された自動車の総称なのです。衝突の衝撃からキャビン部を守る様に様々な工夫がされているのです。最近のコンパクトカーの衝突安全性能向上には、驚くべき進歩があるのです。衝突事故のほとんどは、フロント片側をぶつけるオフセット衝突なのです。これは、フロント全体で衝撃を受け止めるフルラップ衝突よりボディーの損傷波及が複雑になりやすいのです。オフセット衝突で問われるボディーの安全基準は、フロントが複雑につぶれていても、キャビンが原型をとどめ、乗員が無事でドアが開く、といった点であるのです。

その安全性を公平に確認しているのが日本では自動車事故対策機構なのです。また、ヨーロッパではヨーロッパ新車アセスメントプログラムによって評価を行なっているのです。衝突事故のほとんどは、フロント片側をぶつけるオフセット衝突となっています。これは、フロント全体で衝撃を受け止めるフルラップ衝突よりボディーの損傷波及が複雑になりやすいようです。キャビン部は潰れない様に頑丈な構造になっているのです。

そしてキャビンより離れた部分はわざとアコーディオン状に潰して衝撃を吸収する様に設計されているのです。自動車事故対策機構では全てのクルマを試験してはいないようですが、良く売れているクルマを中心に衝突実験を行い、試験結果を星や得点率などで評価しているのです。EuroNCAPは、ヨーロッパで発売される全てのクルマについて、評価を行なっているのです。割引率は、某保険会社のものなのです。自家用乗用車は、あらかじめこれらの割引の要素を織り込んで保険料を設定するようですので、これらの割引は適用されないのです。

自家用乗用車は、エアバッグが装備されている場合実質的には、割引されているのです。衝突安全ボディーとは衝突時に乗員の安全を守るために衝撃を吸収することと空間確保を同時に行うように設計されているようです。外部からの強い衝撃を受けた時に空間がつぶれることなく確保するため車両の前後はクラッシャブルとなっているのものを衝撃吸収ボディーと呼ばれているのです。衝突安全ボディは事故の時の乗っている人の死傷率が従来の自動車よりかなり低く抑えられている為、保険会社は保険料を低く抑える事が出来るのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 等級プロテクト

通常、自動車事故を起こした場合、等級が下がり、次の年の保険料が大幅に上がる場合があるのです。この等級プロテクト特約をつければ、一回目の事故に限り、 次の年の等級は維持され、保険料も維持されるのです。自動車保険の等級については大体お分かりになったと思うのです。そこで等級プロテクトですが、これは上で述べたように、保険会社のお世話になるような事故を起こしてしまった場合でも、保険会社が定めた条件に該当する事故であれば、等級を格下げせずに据え置きしてくれるという嬉しい特約なのです。

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。