トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビその他 保険に関する事項 > エアバッグ値引き

エアバッグ値引き

エアバッグ値引きの画像

前方からの衝突時に、強い衝撃をセンサー装置が感知した場合に作動し、バッグ内に瞬時に高圧ガスを注入することにより膨張させ、乗員の顔や胸を保護する装置。側面からの衝突に対応するのがサイドエアバッグ。エアバッグとは、事故の衝突の衝撃から運転者等を守る為の安全装置なのです。運転席の場合、ハンドルにバッグが組み込んでいて、衝撃をセンサーが感知すると瞬時にバッグが膨らんで運転者をまもるのです。

エアバッグ割引とは、エアバッグを装着している車について、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、自損事故傷害特約の保険料をそれぞれ10%程度割り引くことができるサービスとなっているのです。現在国内で使われているエアバッグは、メーカーが決めた条件で前面衝突した時に膨らみ、シートベルトの働きを補助して乗員に重大な傷害が発生しないように作られているものなのです。エアバッグを装備していれば、事故の時の死傷率が下がるので保険会社は保険料を低く設定できるのです。安全性が向上するようですので、エアバッグ装備車には搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険の保険料が約10%割引になるようです。

一部の保険会社では、デュアルエアバッグの場合、割引率は約15%になっているのです。エアバッグには助手席や、側面からの衝撃に備えたものもあり、それらの装備によって保険料をさらに低く設定している保険プランもあるのです。運転席と助手席の両方にエアバッグ の付いている車に対して、デュアルエアバッグ割引として~15%程度割引する保険会社もあるのです。したがって、衝突角度や衝突速度、衝突物によっては膨らまないこともあるようですし、逆に衝突しない場合でも、縁石などに乗り上げるなどして一定以上の衝撃を感知すると膨らむことがあるのです。

エアバッグ装着車割引とは、車両にエアバッグが装備されている場合に保険料が割引となる制度となっているのです。運転席、助手席、後席、サイドエアバッグなど、装備されているエアバッグの数により割引率が異なる場合もあるようです。 エアバッグ装着車割引とは、被保険自動車にエアバッッグが装備している場合に、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険の保険料をそれぞれ割引する制度のことで、運転席と助手席両方に装備されているデュアルエアバッグだと、更に割引率がアップする保険会社もあるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 任意保険

任意保険とは、車の所有者が任意で加入できる保険となっているのです。自分の過失割合に関係なく自分や家族を守ってくれる人身傷害補償保険などもあるのです。自賠責保険では補償されない物損に対しても賠償や補償の対象とすることが出来るのです。自賠責だけでは担保出来ない部分車の修理代や運転者のケガ・ぶつけて壊してしまった他人の持ち物の修理代等を担保する保険なのです。 任意保険は基本的に以上のものがセットに組み合わせて成り立っている多いようですが、保険のタイプにもよって違うので自分に必要な

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。