トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビその他 保険に関する事項 > 修理代水増と車両保険詐欺

修理代水増と車両保険詐欺

修理代水増と車両保険詐欺の画像

一時期車両保険をはずし保険の途中で車両保険は付けられないのです。ですので、その為支払いがされないと思うのです。代理店でその事を知らずに車両保険を付けてしまい、トラブルになったと思うのです。保険会社より代理店に問題があるのです。車両保険を悪用する詐欺行為があるようですので、注意するようにしましょう。車両保険は自損事故だけでは無く、交通事故で自分が被害者になってしまった場合でも、その事故の責任割合によっては自分の自動車やバイクの損害額の全額加害者から支払っていただけない場合があるのです。

その場合は車両保険から残りの損害額が支払われるのです。偶然な事故により被保険自動車が衝突や接触等で破損したり、火災・盗難等にあった場合に被った被保険自動車自体の損害を補償する保険なのです。担保する危険の範囲を限定して車対車+限定Aで保険料の負担を少なくすることもできるのです。また、車両保険では、車両本体と車両に定着されている付属品が補償の対象になっているのです。

詐欺の手口としては、虚偽の申請をして、車両保険から修理費を騙し取ろうとするものなのです。事故当時の現車確認が必要ならば事故直前まで車を見ていないといけませんね。車も無いのに証明の使用がないのです。警察へ事故を届け出てそれが受理される時点で、盗難と認めてもらわないとそれ以上は無理なのです。一般的に言えることは、自動車任意保険に車両保険特約に加入するとその分任意保険料が高くなるのです。 車両保険料金の設定は、自動車やバイクの車種や等級によって違うようですので、加入の際は各任意保険会社から見積りを取り、比較、検討が必要になっているのです。

自動車の付属品とは自動車に定着または装備されているものをいうのです。自動車に定着しているとはボルト、ナット、あるいはネジなどで自動車本体に固定されているので、工具等を使わなければ容易に取り外すことができないことをいい、自動車に装備されているは自動車の機能を十分に発揮させるためにその自動車に備品として備えつけられているものをいうのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 対物保障

対物賠償保険とは、自動車事故のよって自分以外の誰かのものなどを破損してしまい、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるというものなのです。対物賠償保険の性質、そして近年の世の中の動向なのです。こうしたものを総合的に考えると、対物賠償保険は無制限で契約しておくのが安全と言えるかもしれないと思います。最近ようやく各社対物賠償無制限を選択できるようになってきているのです。わたしはこの対物賠償は高額、できれば無制限にすることをお勧め出来るのです。 外車にぶつかるケースを想定

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。