トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビその他 保険に関する事項 > 保険金不払い事件

保険金不払い事件

保険金不払い事件の画像

保険会社各社で多額の保険金の未払い、不払いが明らかになっているのです。保険金の未払い、不払いの要因としては、保険契約者が特約などをつけていたにもかかわらず、事故などの際、そこには触れずに不払いだったり、医療保険などでは、病気になった際に保険金を請求しても、告知義務違反を不当に利用し、保険金を未払いにするなど、悪意を感じるものも非常に多くなっているのです。契約段階で営業職員や代理店が不実記載や告知義務違反などを仕向けし、保険会社としての事実の確認をおろそかにし、後で不備を指摘して契約の無効を主張するケースなのです。

保険とは本来、予期せぬ事故や病気などの際に、リスクを軽減する為、相互に助け合うことを目的にあるべきはずなのに、利益優先を図った最近の社会の結果であるのです。保険業界の利益優先体質については、会社の方針だけが単純に問題なのではなく、部署や営業所の営業競争、個々の担当者の意識などにも関係しているように思われているのです。まさに簡単に解決することはできない、根深い問題と言えるのです。

保険会社にとっては、経常利益が減るとは言え、保険金を支払うことが、消費者に対して、契約をしっかり守る保険会社であるという何よりの証となり、結果的に企業のプラスとなるはずだと思うのです。保険金不払い事件または保険金不払い問題とは、数多くの保険会社が起こした、保険金を支払わなければならない事案や事故に対して正当な理由無く保険金を支払わずにいた事件のことなのです。

金融庁は不適切な不払いがあった保険会社に対して、業務改善命令や分野によっては過去に例のない無期限の保険商品の取り扱い禁止などの厳しい処分を発表しているのです。契約を守れない保険会社と契約したい消費者など存在しないのです。契約数を伸ばす為には、まず企業の信用ありきなわけですから、保険金を支払うことが、そのまま保険会社にとって損益に関わるとは言えないのです。保険金不払い事件とは、数多くの保険会社が起こした、保険金を支払わなければならない事案や事故に対して正当な理由なく保険金を支払わずにいた事件なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ノンフリート契約

一つの契約で10台以上のクルマが保険に加入する契約をフリート契約といい、反対に保険契約台数が9台以下の場合をノンフリート契約というのです。フリート契約は通 常は法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約で、個人は一般的にノンフリート契約になるのです。ノンフリート契約かフリート契約かによって割引や割増率が違ってくるのです。一定の条件を満たす自動車保険には等級があるのです。一定の条件といったのは、正確に言うとノンフリート等級といい、契約者が 9台以下の車を所有する場合に適用さ

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。