トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビその他 保険に関する事項 > 保険を使わない場合の代理店サービス

保険を使わない場合の代理店サービス

保険を使わない場合の代理店サービスの画像

最近の自動車保険は、どこの保険会社で契約しても、何らかのロードサービスが付帯されていることが多くなっているのです。ロードサービスの主な内容としては、パンク、バッテリー上がり、カギの閉じ込みなどのトラブル時の緊急対応、走行不能の場合のレッカーサービスなどが一般的となっているのです。人身事故で負傷者が出た場合は、その救護に当たるのが最優先なのです。被害者が軽症ならば、すぐに安全な場所へ移動するのです。

重症のときは後続事故の恐れがなければ、むやみに動かしたりせずに、救急車を呼んだり、人工呼吸や止血などの応急処置をする必要があるのです。相手によっては、自賠責で認められないところを、早期決着・示談のために余分に出す場合もあるわけで、この時には任意保険を使ったことになり、等級はさがるのです。いざというときには、たいへんありがたいサービスなのですが、保険会社によってサービス内容が少しずつ異なる場合があり、注意が必要なのです。

事故当事者の自動車を事故現場にそのままにして道路交通の妨げがあると二次的な事故発生の原因にもなるのです。料率や任意保険に関係することはないのです。ご自分のお車に掛けてある自賠責保険の会社に、加害者請求をしたいので資料を一式送るように請求して取り寄せるようにしましょう。速やかに自動車を安全な場所に移し、交通を円滑にすることで危険を防止するのです。保険会社によっては、緊急対応の回数や、レッカーの距離に制限がある場合があるようですので、事前に確認しておきましょう。

車を路肩などに寄せてとめた後、現場に居合わせた人同士で連携して非常停止板を設置し、発煙筒を置くなど、安全を確認しながら素早い行動をとるようにしましょう。外資系や通販の安い自動車保険だと実際に事故を起こしたときにまるで面倒を見てくれないとか、保険金をできるだけ払わないようにする傾向が強いという評判を聞くのですが、これは担当者によって違ってきますし、保険金の出し渋りは国内大手の保険会社も変わらないのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ノンフリート契約

一つの契約で10台以上のクルマが保険に加入する契約をフリート契約といい、反対に保険契約台数が9台以下の場合をノンフリート契約というのです。フリート契約は通 常は法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約で、個人は一般的にノンフリート契約になるのです。ノンフリート契約かフリート契約かによって割引や割増率が違ってくるのです。一定の条件を満たす自動車保険には等級があるのです。一定の条件といったのは、正確に言うとノンフリート等級といい、契約者が 9台以下の車を所有する場合に適用さ

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。