トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ等級 > ロードサービス

ロードサービス

ロードサービスの画像

ロードサービス専門の業者は幾つかあるようですが、一番有名なのはJAFなのです。レッカー呼ぶとJAF呼ぶが同じ意味で使われることもあるくらいメジャーなのです。専門業者ゆえの安心感があるようですロードサービスとは、ドライブ中に愛車が故障してしまった際に、応急処置をしたり、レッカー車で修理工場まで運んでもらえるサービスのことなのです。JAFはその代表例なのです。ロードサービスの費用を節約したい場合はロードサービスが充実している保険会社を選びJAFには加入しないでおくということもできるのです。

バッテリーの上がりや、鍵のとじ込みなどの簡単な作業でしたら、その場で直してもらえるので便利なのです。重大な故障でも、最寄の修理工場までレッカーしてもらえるので、いざという時に安心なのです。運転中に車が故障した際、応急処置や修理工場まで運んでもらうサービスで、JAFがその代表例なのです。事故時の修理工場までの移送はもちろん、鍵の閉じ込み、バッテリー上がり、ガス欠、パンク、脱輪等のトラブルにも対応してもらえるのです。

便利なロードサービスですが、JAFなどの多くのロードサービスは年会費がかかるのです。普段、故障とは無縁の方は、年会費を払ってまで使いたくないと考えがちなのです。事故の際に必要となるこのロードサービス、自動車保険についていると思われがちですが、そうでもないのです。保険会社によって有無が分かれるため、いざと言うときの費用負担に差が出るのです。JAFは年会費を払って会員になりロードサービスを受けるのですが、実は会員でなくてもロードサービスを受けることができるのです。

ただし、会員と違ってかなり高額な料金がかかります。よって、年会費をケチっていると、いざという時は手痛い出費になってしまうのです。ロードサービスは、自動車保険以外にも提供あるいは付帯しているものがあるようですので、それらを組み合わせることも保険見直しの1つのポイントと言えるのです。どれか1つはキープしておきたいところなのです。

[ 等級 ]


スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 対物保障

対物賠償保険とは、自動車事故のよって自分以外の誰かのものなどを破損してしまい、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるというものなのです。対物賠償保険の性質、そして近年の世の中の動向なのです。こうしたものを総合的に考えると、対物賠償保険は無制限で契約しておくのが安全と言えるかもしれないと思います。最近ようやく各社対物賠償無制限を選択できるようになってきているのです。わたしはこの対物賠償は高額、できれば無制限にすることをお勧め出来るのです。 外車にぶつかるケースを想定

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。