トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ等級 > ノンフリート契約

ノンフリート契約

ノンフリート契約の画像

一つの契約で10台以上のクルマが保険に加入する契約をフリート契約といい、反対に保険契約台数が9台以下の場合をノンフリート契約というのです。フリート契約は通 常は法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約で、個人は一般的にノンフリート契約になるのです。ノンフリート契約かフリート契約かによって割引や割増率が違ってくるのです。一定の条件を満たす自動車保険には等級があるのです。一定の条件といったのは、正確に言うとノンフリート等級といい、契約者が 9台以下の車を所有する場合に適用されるもののようです。自動車保険を選ぶ際、○等級という言葉が必ず出てくるのです。

加入者の事故歴によって、保険料が変化するノンフリートという制度なのです。ノンフリート契約は、保険契約者自身が所有し、かつ使用されるクルマの自動車保険の契約台数が9台以下の場合の契約をいうのです。これに対して10台以上ある場合の契約をフリート契約という。逆にいうと10台以上所有している場合はノンフリート契約者ではなくなるためこの制度を適用することができなくなるのです。

一部の会社では最大20等級まであるのです。また、新規での契約の場合は6等級からのスタートとなるのです。自動車保険への加入から1年ごとに等級は変化していくのです。ノンフリート契約は、個人の自動車保険の加入ではごく一般的となっています。なお、ノンフリート契約かフリート契約かによって、保険の割引や割増率が違ってくるようです。ノンフリート等級とは、自動車保険契約をしている個人の過去の事故歴に応じて、保険料を上げたり下げたりする制度なのです。

つまり、事故を起こさないセーフティードライバーであればあるほどノンフリート等級は高く割引率も高いため、よって保険料が安くなる仕組みなのです。6等級であれば割引はほとんど無いのが現状ですが、16から20等級までなると60%もの割引が適用されることになるのです。優良ドライバーを優遇するための制度とも言えるこの制度となっているのです。

[ 等級 ]


スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 対人賠償保険

対人賠償保険とは、被保険者が被保険自動車の事故で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害に対して、自賠責保険等の支払額を超える部分についてのみ保険金を支払う保険なのです。対人賠償保険というと自賠責保険を思い出す人も多いと思うのですが、自賠責保険の賠償保険額は1事故1人につき、死亡の場合で最高3000万円、ケガの場合で最高120万円、後遺障害の場合で最高3000万円となっているのです。対人賠償保険での他人とは、運転手、記名被保険者、およびその父母・配偶者・子以

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。