トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ等級 > 等級について

等級について

等級についての画像

数字が大きくなればなるほど割引率が上がり、下がれば割高になっていくのです。無事故を続けると等級が上がっていき、保険料は下がるようになっているようですが、事故を起こすと等級は3等級下がるのです。最初の契約時の等級は6等級なのです。一年間無事故だと6等級から1等級アップし7等級なのです。 自動車保険の等級は事故を起こすと、自動車保険を使った時点で、 等級は最大3等級ダウンしてしまうのです。

初めて自動車保険に加入した時は6等級から始まり、一年間無事故で過ごせば等級が一つ上がり、支払い料金が割り引かれるのです。自動車保険料の安さや割引に大きく関わってくるのが等級なのです。等級とは保険加入者のリスクを図る基準のことなのです。この等級によって、保険料が割増や割引されることになるのです。事故を起こした3等級ダウンとは逆に、 1年間保険を使わなければ次年度から等級が1等級アップするのです。 等級がアップすればするほど自動車保険料はどんどん安くなるのです。最高で20等級まで上がり、その時は自動車保険料は60パーセントも割引きになるようです。

事故を起こさず安全運転を心がければ、年間数万円分は節約できる事になるのです。6年ほど無事故で通すだけで料金は半額になるのですから、安全運転者には嬉しい制度なのです。保険会社は加入するドライバーに等級をつけて、優良な加入者には保険料を安く、事故をおこしたドライバーなどには保険料を高く設定しているようです。自動車保険の使用により3等級ダウンしてしまうと、 元の等級に戻るまで3年間もかかるようですので、 軽い接触事故で損害額30万円以下の事故であれば、 保険を使わない方が得となることがあるようですので、 損害保険会社に相談し、試算してもらうほうが得策なのです。

割引率は保険会社によって若干変わってくるのですが、概ね右の表のようになるのです。 もし1~3等級まで下げてしまえば、逆に保険料は大幅に割増させられるのです。等級制度をとっていて、車の所有台数が9台以下の契約のことをノンフリート等級別料率というのです。自動車保険の等級は最初の契約時である初期保険加入時は6等級からスタートして毎年1年間無事故だったら1等級上がっていくのです。

[ 等級 ]


スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 搭乗者保険

搭乗者傷害保険とは、被保険自動車に搭乗中の者が、自動車事故によって死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に、保険金を支払う保険で、人身傷害保険補償保険を保管する内容になっているのです。搭乗者保険は文字通り車に乗っていていてケガした人に対してでる保険なのです。ですから、助手席に乗っていてケガした人、同乗者などに対してもこれは出るのです。搭乗者保険とは本人、又は一緒に乗ってる人に対しての保険なのです。自動車事故を起こしてしまった場合、搭乗者障害保険は、他の保険とは別に保険金

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。