トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ車両保険について > 休業補償

休業補償

休業補償の画像

交通事故で傷害を受けた場合には、入院であろうと、通院であろうと、治療は十分すべきなのです。安易に治療を中断してから、やはり具合が悪いと、再度治療を始めても、事故との因果関係が証明しにくくなるのです。事故により休業が必要な期間について、実際に損害を受けた収入減少分を請求することができるのです。休業補償ともいうのです。怪我をして仕事を休んだことによる、収入の減少分が損害額なのです。

計算方法は、事故の前の年の年収を365日で割るか、事故の前3か月分の収入の合計を90日で割るかして、事故前の1日当たりの収入額を計算するのです。そして、この単価に怪我をしたことで休業した日数をかけて計算するのです。治療に伴なう入通院慰藉料は、この治療期間の長さに、ほぼ、応じて計算されるのです。治療期間が長いほど、慰藉料も高額となるようです。もちろん、通院の場合より、入院の場合のほうが、慰藉料は高額なのです。失業者の場合でも就業の可能性が高かったときは、平均賃金をもとに損害額を算定し休業補償を請求できるのです。

休業損害とは、事故によって働く事ができなくなり、収入が減ってしまった分を補填する為に支払われるお金の事で、消極損害に含まれるものなのです。 事故慣れした一部の職業運転手は、軽い傷害でも、すぐ、入院し、働らかずに、相手から休業補償と慰謝料を取ろうと狙うのです。そのような人に加担する病院もあるのです。そのような人々が居ることを知っておくべきなのです。軽傷なのに入院が長い場合は注意すべきなのです。サラリーマン等に代表される給与所得者の場合、事故に遭う3ヶ月前の平均給与を参考にするのです。

ここで言う給与には諸々の手当ても含んで計算するようになっているのです。 一般的には、裁判基準で計算した方が損害額が高く計算されると言えるのです。実際に、普通の示談の場では、自賠責基準による計算が通用しているのです。保険会社の担当者のいう精一杯も、好意的に見れば、裁判になれば別の判断もありえるかもしれないのですが、示談交渉の場では自賠基準で計算するようになっているようですので、その範囲ではこれが精一杯ですという意味に考えられるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ロードサービス

ロードサービス専門の業者は幾つかあるようですが、一番有名なのはJAFなのです。レッカー呼ぶとJAF呼ぶが同じ意味で使われることもあるくらいメジャーなのです。専門業者ゆえの安心感があるようですロードサービスとは、ドライブ中に愛車が故障してしまった際に、応急処置をしたり、レッカー車で修理工場まで運んでもらえるサービスのことなのです。JAFはその代表例なのです。ロードサービスの費用を節約したい場合はロードサービスが充実している保険会社を選びJAFには加入しないでおくということもで

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。