トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ車両保険について > 査定額が低い場合の車両保険

査定額が低い場合の車両保険

査定額が低い場合の車両保険の画像

車両保険は1度使うと次から保険料が非常に高額になるのです。このような場合には事故車をそのまま買取してもらって、新しく買い替える方がかえって有利なこともあるのです。車両保険から支払われる金額と、事故車買取から提示される金額とを必ず比べるようにしてください。新車なら問題はないようですが、発売後8年たつと一般的には車は償却されて時価額はゼロとみなされるのです。車が古くなればなるほど、車両保険を契約するメリットが少なくなるのです。中には、事故車買取業者から提示される金額の方が高い、ということもよくあるようです。注意する点は保険金額の設定は保険会社のさだめる車両標準価格表にて決められているのです。この設定金額を上下はみだしての契約はできないのです。

また、この車両価格は大きな損傷がない通常の自動車を想定して決めているのです。特に車両保険の場合、車の評価はあくまでも財産としてのもので、経年劣化に対する減価償却が行われた計算になるのです。車の時価額は、車検証の年式や、車両の標準価格表などでわかるのです。したがって、時価額以上の車両保険を契約しても無駄なのです。

ただし、クラシックカーなどの特殊な車で、マニアの評価や雑誌などで取引の価格が証明されるような場合は別なのです。このため古い車ほど価値が低くなり、保険による支払い額が少なくなることもあるのです。車両保険で設定する保険金額は、その車の型式と年式でいくら程度付けるかが決まっているのです。一方で買取の場合は、あくまでも市場での価値が基準になっているのです。人気の高い車であれば古くても高く買取価格をつけてもらうことができるのです。事故車の処理については保険を使うか、次の車を購入するか比較検討し、できるだけ得になるような選択をすることが重要になっているのです。

修理が可能な場合は保険金額の範囲内で修理ができるようですし、修理代が保険金額と同額あるいは上回る場合や、修理不能の場合は、全損として保険金額と臨時費用保険金が支払われることになっているのです。事故のことを考えると、相手のほうが第一で、自分のほうが二の次になるのは無理からぬことなのです。しかし、運転が未熟で新しい車に乗っている人は加入しておいたほうがよい保険なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ノンフリート契約

一つの契約で10台以上のクルマが保険に加入する契約をフリート契約といい、反対に保険契約台数が9台以下の場合をノンフリート契約というのです。フリート契約は通 常は法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約で、個人は一般的にノンフリート契約になるのです。ノンフリート契約かフリート契約かによって割引や割増率が違ってくるのです。一定の条件を満たす自動車保険には等級があるのです。一定の条件といったのは、正確に言うとノンフリート等級といい、契約者が 9台以下の車を所有する場合に適用さ

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。