トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ車両保険について > 車両保険は高い

車両保険は高い

車両保険は高いの画像

車両保険の保険金額は基本的に車種、年式ごとに金額は決まっているのです。しかしよく見てみるとその金額は120~140というように一定の範囲内で設定できるようになっているのです。車両保険は保険料が高いと思い加入していない人は多くいるのです。これは保険料の高い車の話ばかりされるためで、実際には思っているほど保険料は高くはないのです。車両保険は車の車種によって保険料が違ってくるのです。事故を起こしやすい車は保険料が高く、逆に事故の少ない車は保険料が安くなるのです。

これは同じ車でもディーラーごとに値段が違ったり、高級なカーナビなどをつける人がいるため、みんな同じ金額にすることに無理があるためなのです。車両保険は9段階の料率クラスがあり、修理費用が高額になる車や事故で保険を使うことが多くなる車は料率クラスが高くなるので保険料も高くるのです。料率クラス1と料率クラス9では4倍近い差があるのです。車種によっては補償額に比べ、保険料が大変安く加入できる車もあるのです。しかしそのあたりを確認することもなく、一律に、車両保険は高いからいりませんと思い込んでいる方も多くいらっしゃるのです。

車両保険金額をいくらにするかは範囲内であれば自分で決めることができるようですので、この性質を最大限生かし、保険金額を最低額にすればその分保険料は安くなるようです。一般的な乗用車であれば、料率クラスは中間的な料率クラスになっているようですので、それほど保険料が高額になることはないのです。車両保険は4種類のタイプがあり補償範囲によって分けられているのです。

車両保険の保険料は、車の種類ごとに決められている料率を確認しなければならないのです。ただし、契約更新の際は前年よりも高い車両保険に入れないことに気をつけるようにしましょう。車両保険の保険料は、車の種類ごとに決められている料率を確認しなければならないのです。の料率とは各保険会社で1~9までの9段階で設定されているのです。これは各保険会社に問い合わせをしなければわからないのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 自動車盗難防止装置(イモビライザー)値引き

近年、自動車盗難や車上荒らしの被害は増加の一途をたどり、ホームページ上での警察庁の犯罪件数データ等の公表や、新聞・雑誌・TVでの報道も行われ、自動車オーナー自信の自己防衛に対する意識は若干向上したものの、まだまだカーセキュリティー製品に対する認識は低いのが現状なのです。イモビライザーの装着は非常に効果的というだけではなく、自動車保険各社の車両保険の割引制度も充実しているので、盗難防止効果のみならず、自動車保険料の節約にもなるのです。 イモビライザーとは、盗難防止装置の一つで

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。