トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ自動車保険の種類 > 搭乗者保険

搭乗者保険

搭乗者保険の画像

搭乗者傷害保険とは、被保険自動車に搭乗中の者が、自動車事故によって死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に、保険金を支払う保険で、人身傷害保険補償保険を保管する内容になっているのです。搭乗者保険は文字通り車に乗っていていてケガした人に対してでる保険なのです。ですから、助手席に乗っていてケガした人、同乗者などに対してもこれは出るのです。搭乗者保険とは本人、又は一緒に乗ってる人に対しての保険なのです。自動車事故を起こしてしまった場合、搭乗者障害保険は、他の保険とは別に保険金が支払われるのです。

人身傷害補償保険と同じように、過失の有無にかかわらず傷害を被ったときに保険金が支払われるようですので、搭乗中の事故についてはともに保険金の支払い対象になるのです。搭乗者傷害保険というのは、保険に加入している車に乗っている搭乗者が、交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に過失に関係なく補償される保険なのです。搭乗者保険は名前のとおり、同乗者を守る保険の事で、事故で同乗者を怪我させてしまった時などにこの保険が適用されるのです。

傷害を被った部位および症状に応じて、一定の金額を入通院給付金として支払うものと死亡保険金に一定の割合を乗じて入通院日額を算出するものがあるのです。搭乗者障害保険は自分に過失がない事故でも、搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対象になる上、保険を請求しても等級が下がらないのです。搭乗者保険を 同乗者のための保険と勘違いしやすいですがこの保険は、その車に乗っていた人が対象になるのです。契約した自動車に乗るのは、契約者やその家族・知人らが多いといえるのです。

搭乗者傷害保険は、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく支払われ、請求した場合も比較的簡単に保険金の支払が行われるようです。注意しなければならないのは、車に搭乗していればすべて対象になるわけではなく、ワンボックスカーの荷台に乗っているような場合は、保険金が支払われないのです。約款にも正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者を被保険者とする旨の記載があるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 人身傷害保険

人身傷害保険とは、自動車の人身事故にあった場合、過失割合に関係なく保険金額の範囲内で保険金が支払われるものなのです。通常、相手のある事故の場合は、示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできないけど、人身傷害補償保険では示談の成立に関係なく保険金を受け取れるのです。人身傷害保険とは、近年急激に普及してきた任意保険で約60%の人が加入しているといわれているのです。平均的には3000万円程度が無難な数字であると考えられるのです。 大事故で後遺症が残った場合でも治療に掛

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。