トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ自動車保険の種類 > 対物保障

対物保障

対物保障の画像

対物賠償保険とは、自動車事故のよって自分以外の誰かのものなどを破損してしまい、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるというものなのです。対物賠償保険の性質、そして近年の世の中の動向なのです。こうしたものを総合的に考えると、対物賠償保険は無制限で契約しておくのが安全と言えるかもしれないと思います。最近ようやく各社対物賠償無制限を選択できるようになってきているのです。わたしはこの対物賠償は高額、できれば無制限にすることをお勧め出来るのです。

外車にぶつかるケースを想定しているだけではないのです。自賠責保険は対人賠償を補償するものであり、対物賠償が含まれていないため、任意保険には対物賠償を加えるのが一般的となっているのです。対人賠償保険に関しては無制限でも異議がないのに、対物賠償保険となると節約したくなる人が多いのも現状なのです。自動車同士の事故でしたら被害者の車ですが、街中で自分の車がどなたかの家の壁や塀などを破損させることや、ガードレールやカーブミラーなどを損傷させるケースも当てはまるようです。

自動車事故により、相手のクルマや他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に、実際の損害賠償額をお支払いするようになっているのです。万一対物賠償が保険金額を上回った場合、問題はただ単に多額の自己負担が生じるというだけではないようです。そんな場合保険会社が示談交渉してくれない、即ちあなた自身が自分で交渉しなければならなくなってしまうようです。

通常の破損などであれば、普通乗用車ですと保険金額は2000万円で問題ない場合が多いようなのですが、踏切などでしばらく電車を運休させてしまったときなどは、とても2000万円では足りないほどの高額の請求をされることもあるようです。対物賠償でも意外と高額になるケースも多く、例えば、店舗や工場など業務用建物への衝突や、トラックやバスなど業務用の車両に衝突した場合は、建物や車両などへの賠償そのものが高額になるようですし、その他にも、営業損失や休業補償などの損害が含まれるため、予想以上に高額となることがあるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 自動車盗難防止装置(イモビライザー)値引き

近年、自動車盗難や車上荒らしの被害は増加の一途をたどり、ホームページ上での警察庁の犯罪件数データ等の公表や、新聞・雑誌・TVでの報道も行われ、自動車オーナー自信の自己防衛に対する意識は若干向上したものの、まだまだカーセキュリティー製品に対する認識は低いのが現状なのです。イモビライザーの装着は非常に効果的というだけではなく、自動車保険各社の車両保険の割引制度も充実しているので、盗難防止効果のみならず、自動車保険料の節約にもなるのです。 イモビライザーとは、盗難防止装置の一つで

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。