トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ自動車保険の種類 > 対人賠償保険

対人賠償保険

対人賠償保険の画像

対人賠償保険とは、被保険者が被保険自動車の事故で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害に対して、自賠責保険等の支払額を超える部分についてのみ保険金を支払う保険なのです。対人賠償保険というと自賠責保険を思い出す人も多いと思うのですが、自賠責保険の賠償保険額は1事故1人につき、死亡の場合で最高3000万円、ケガの場合で最高120万円、後遺障害の場合で最高3000万円となっているのです。対人賠償保険での他人とは、運転手、記名被保険者、およびその父母・配偶者・子以外の人となっています。

経済的共同体の内部では、通常、損害賠償は行われないためなのです。また、対物賠償保険とは、自動車事故で他人の車などの財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害に対して、保険金を支払う保険となっているのです。死亡事故の場合、最近の交通事故の判例では3000万円を越えるケースが一般的となっているようですので、1億円を越える場合も多数認定されているため自賠責保険だけでは安心とはいえないのです。

契約者やその配偶者、同居の親族等が被保険者となるようですが、契約者の承諾を得て、使用するものも被保険者となるのです。ただし、借りの借り主は、被保険者にならないのです。本人も含めて、被害者た遺族に対しても十分な補償をする意味でも任意保険の対人賠償保険に加入する必要があるのです。その場合上限がなく保険金が支払われる「無制限」のプランに加入するべきなのです。

また、地震、噴火、津波による損害は免責となっているのです。対人賠償保険とは、交通事故で乗車中の人や歩行中の人をケガさせたり、死亡させたりしたときの法律上の損害賠償に対し、自賠責保険を越える部分に保険金が支払われるのです。対人賠償保険の支払対象は、対人ですからあくまで他人ということに注意するようにしましょう。対物賠償保険で支払われる賠償金額は、対人賠償保険のときと同じように、自分自身の過失割合分だけが相手に支払われるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ノンフリート契約

一つの契約で10台以上のクルマが保険に加入する契約をフリート契約といい、反対に保険契約台数が9台以下の場合をノンフリート契約というのです。フリート契約は通 常は法人などの業務用車両を多数保有する場合の契約で、個人は一般的にノンフリート契約になるのです。ノンフリート契約かフリート契約かによって割引や割増率が違ってくるのです。一定の条件を満たす自動車保険には等級があるのです。一定の条件といったのは、正確に言うとノンフリート等級といい、契約者が 9台以下の車を所有する場合に適用さ

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。