トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ自動車保険の種類 > 任意保険

任意保険

任意保険の画像

任意保険とは、車の所有者が任意で加入できる保険となっているのです。自分の過失割合に関係なく自分や家族を守ってくれる人身傷害補償保険などもあるのです。自賠責保険では補償されない物損に対しても賠償や補償の対象とすることが出来るのです。自賠責だけでは担保出来ない部分車の修理代や運転者のケガ・ぶつけて壊してしまった他人の持ち物の修理代等を担保する保険なのです。

任意保険は基本的に以上のものがセットに組み合わせて成り立っている多いようですが、保険のタイプにもよって違うので自分に必要な補償をしっかり確認して入ることが大切なのです。加入の義務がないとはいえ、万が一の事故によって負うことになるかもしれない高額な賠償金を支払うには、任意保険の加入も欠かせないのです。任意保険の中にはいろいろな担保種目があり、個別に加入することもできるのですが、一般的にはSAPやPAPというセットで加入するのです。任意保険とは、自賠責保険だけでは必要な補償額を賄えない場合に備えてドライバーが任意で加入するものなのです。

自賠責保険とは法律で強制的に入らなければいけない最低限の保険のことなのです。それに対して任意保険とは、自賠責保険ではカバーできない部分を補償してくれる保険のこととなっています。自賠責保険が、公道を走行する全ての自動車に加入することを義務付けているのに対し、任意保険は、名称の通り加入が任意の自動車保険なのです。最近交通事故の賠償額が高くなってきていることから考えて、もしもの事故のことを考えると、車を持っている人には必須の保険といえるのです。

任意保険では、他人への賠償のみならず、自身や家族への補償を受けることも可能となっています。任意保険は、強制保険で補償しきれない危険をカバーする保険なのです。任意保険は、自賠責保険では十分でない部分を補償する保険なのです。任意保険は、強制ではないため、自動車の場合70%、バイクでは35%くらいのしか加入者がいないのです。しかし、自賠責保険だけでは確実に補償不足なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 対物保障

対物賠償保険とは、自動車事故のよって自分以外の誰かのものなどを破損してしまい、法律上の賠償責任を負ったときに保険金が支払われるというものなのです。対物賠償保険の性質、そして近年の世の中の動向なのです。こうしたものを総合的に考えると、対物賠償保険は無制限で契約しておくのが安全と言えるかもしれないと思います。最近ようやく各社対物賠償無制限を選択できるようになってきているのです。わたしはこの対物賠償は高額、できれば無制限にすることをお勧め出来るのです。 外車にぶつかるケースを想定

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。