トップ 自動車保険 ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車保険 ナビ自動車保険の種類 > 自賠責保険

自賠責保険

自賠責保険の画像

自賠責保険の証明書をクルマやバイクに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金となっているのです。また、自賠責保険未加入の場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰、という非常に厳しい懲罰が科せられ、さらに道路交通法違反の点数が6点となり、ただちに免許停止処分となるのです。自賠責保険で補償されるのは、交通事故で他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合の人身事故だけで、あくまでも他人に対する補償に限られているのです。

自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つがあるのです。自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれているのです。この保険は、加害者の方が自動車の運行によって被害者の方を死傷させた場合に補償する賠償責任保険なのですが、被害者保護の立場から保障制度的な要素が強くなっているのです。

交通事故にあった被害者が泣き寝入りをすることなく、最低限度の保障を受けられるようにと、車やバイクを運転する人は全員自賠責保険に入るように、国が決めたんだ。自賠責保険とは、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としているようですので、原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務付けられているのです。自賠責保険で支払われる保険金の最高限度額は、1事故1名につき、死亡の場合で3000万円、傷害は120万円、そして後遺障害が残った場合は、障害の程度に応じて75万円?4000万円、と決まっているようです。

また物に対しての損害は対象になっていないようですので、相手の車にぶつかってしまったり、道端のものに車があたってしまったりした場合はもちろん補償されないのです。自賠責保険は交通事故による被害者の最低限の補償を確保するのが目的なので、保険金が支払われるのは対人賠償事故に限られているので。他人の自動車、家の塀、店舗などの対物賠償事故に保険金は支払われないのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車保険 ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 高級車の車両保険

車両保険は車種ごとに料金クラスというのが設定されていて乗っている車が高級車であればあるほど車両保険の保険料は高くなるのです。高級車、外車、人気モデルが、狙われやすくなっているのです。一般車両保険の補償範囲は、設定された7種類の損害すべてを網羅しているのです。保険料はその分かなり高くなるようですが、自分のミスで起こした単独事故や、当て逃げによる損害にも適応されるようですので、車両保険としては最高位なものだといえるのです。 車両保険はどういった人にオススメできるのかと言うと、ま

自動車保険 ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。